オリジナルうちわの利用法を解説

イベントを行う際には多くのチラシを作ることになりますが、その際にはうちわを利用するといいでしょう。オリジナルうちわは夏場などの暑い季節のイベントにおける無料配布品として優れています。チラシやフライヤーなどを配布すると荷物になってしまいますが、うちわであればそのまま自分や友人をあおぐことが出来るのです。いままでイベントの配布品でうちわを作ったことが無い場合は少し戸惑うかもしれませんが、実際に印刷を依頼するとチラシなどと同じ感覚で作れることがわかります。印刷する内容もそのイベントに準じたものにすることで宣伝効果もしっかり発揮することが出来るのです。暑い季節のイベントを成功させるために、そのイベント専用のオリジナルうちわを作ってみましょう。

うちわに情報を印刷するメリットについて

宣伝を行う際にはその宣伝内容を印刷したチラシ類を配布するのが効果的ですが、この際には数に気をつけなければいけません。たくさん印刷するとゴミになってしまい、その宣伝しているイベントのイメージを悪いものにしてしまいます。しかし、オリジナルうちわであればその悪いイメージを抑えて宣伝を行うことが可能となるのです。夏場のイベントで良く無慮配布されているうちわですが、これにイベント情報などを印刷することで自然とその情報を読ませることが可能となっています。宣伝は相手に押し付けるのではなく、相手の興味を引いて呼んでもらうことが大切です。うちわに印刷して無料配布することによってわざとらしくならずに相手にイベントを印象付けることが出来ます。上手くうちわを活用して、そのイベントの印象をいいものに仕上げていきましょう。

配布するうちわに使う素材について

うちわを配布する際には、その素材に何を使うべきか、ということに悩まされます。屋外のイベントなどであれば雨に強いプラスチック製にするのがいいでしょう。しかし、紙製のうちわはさらり心地が良く、見栄えもいいものにすることが出来ます。捨てる際にも持つ部分が木でできていればそのまま燃えるゴミで処分することが可能です。こういった素材をどうするかも重要ですが、基本的には雨に弱い紙製でいいといえます。なぜかというとうちわは水に弱いというイメージが多くの人にあるので、雨が降ったらそのうちわを守ってくれるのです。ぬれて駄目になってもコストの低い消耗品なので気兼ねなく捨てることが出来ます。あまり気を使いすぎる必要は無いので、確実に水にぬれることがわかっているとき以外は紙のうちわを配りましょう。